INHPF Annual Conference in Australia

2016年、International Network of Health Promotion Foundation(INHPF)の年次総会はオーストラリアのメルボルンで開催されました。昨年の台湾に続き、各国の健康促進財団が集まり、新たな施策や課題について国を越えてシェアリングする貴重な場です。

 

日本人として参加したのはMarimo5代表の大和茂のみでしたが、健康増進について多くの国から注目されている日本がこの枠組みの中に入っていないことは極めて残念なことであるとともに、タイにおいてタイ健康促進財団と密な関係を構築しているからこそ、私どもが日本におけるJapan Health Promotion Foundation発足に向けて寄与できることがあると確信しました。

 

とりわけオーストラリアは、Health Promotion Foundationが持続的に活動を実施できるような資金調達のスキームを構築するところから法整備にいたるまで、その第一人者として歩みを進め、いくつもの事例と実績を残してきました。それゆえにタイを中心に多くの国がオーストラリアをモデルとして学び、参考にしてきた歴史があります。そのオーストラリアに行き、今回の年次総会ホストとなったビクトリア州の保健大臣(写真上の段左)やVicHealthのCEO(写真上の段右)らと意見交換ができたことは非常に意義のあることでした。

 

VicHealthは来年発足30周年を迎えます。また例年VicHealth Award Ceremonyを開催し、様々なアイデアやプロジェクトを表彰し続けています。この場に来年は必ず日本から私どもと一緒にJapan Health Promotion Foundation発足の流れを作っていけるキーパーソンを招へいすることを約束し、バンコクに戻りました。

 

2017年のINHPF会合はマレーシアで開催されます。マレーシア、オーストラリア、タイそして日本。来年はタイでの本業はもちろん、Marimo5にとって重要な国々と連携し、タイで事業を展開する日本人として貢献できることを精一杯取り組む1年にしていきたいと思います。